【斉藤慎二】1982年10月26日生まれ。千葉県出身。2006年に結成されたお笑いトリオ「ジャングルポケット」のメンバー。無類の競馬好きで、トリオ名の由来となったダービー馬・ジャングルポケット産駒「オマタセシマシタ」の馬主。17年12月にタレントの瀬戸サオリと結婚を発表。今年8月に福岡のホステスとの不倫スキャンダルが発覚。翌月には元グラビアアイドルとの不倫スキャンダルも発覚。不倫連発で出演するラジオ番組を降板するなど渦中の人物となっている。

【持っている星】壬午(みずのえのうま)。

【ラブちゃん解説】壬は川を流れる「水」を表し、自由奔放な性格を表します。また、水は「性」を表しているので、性に奔放な性格であるとも言えそうです。また、14~23歳までの大運が壬子(みずのえのね)、24~33歳までの大運が癸丑(みずのとのうし)と陰陽五行論の水属性である壬、癸が続いています。斉藤さん自身の命式(運命表)には壬が2つあり、これらと合わせて3つの水属性がそろった状態で、性的開花は早熟だったと言えます。

【現在は?】34歳から甲寅(きのえのとら)という大運が43歳まで続いています。斉藤さんは命式の中に午と戌(いぬ)を持ち合わせており、ここに寅が加わって寅午戌三合火局(とらうまいぬさんごうかきょく)という星を形成します。すると陰陽五行論の火の力が非常に強まり、水属性である自身の壬をあぶり出すことで、これまで隠されてきた性への本性が露呈してしまうのです。まさに現在の状況そのものです。

【未来は?】来年は、干支が甲辰(きのえのたつ)という年なので、他の星と合わさり、天剋地冲(てんこくちちゅう)を形成します。これは破壊と再生を意味し、破壊の意味だと離婚、グループ脱退、出家などが考えられます。一方で再生の意味だとすると、現在の厳しい状況から新たなギャグやキャラが生まれる暗示と見ることができます。プラスに出るかマイナスに出るかによって、斉藤さんの人生は大きく左右される1年になるでしょう。

 ☆ラブ・ミー・ドゥー 10月11日、千葉県生まれ。愛称「ラブちゃん」。占星術、タロット占い、四柱推命、手相、風水、人相などを行う占い師。タレント。驚がくの的中率を誇り、芸能人やスポーツ選手からの信頼も厚い。著書「Love Me Doの月と龍が導く守護龍占い 2024」(ブティック社)が発売中。ブログは【https://ameblo.jp/lovemedo-goldenapple/】。