来年1月2、3日に行われる第100回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)を前に、王座奪還を目指す青学大の原晋監督(56)がライバルに〝宣戦布告〟だ。

 駒大が史上初の2年連続3冠を目指す中での一戦において、11日には都内で記者発表会が行われた。「負けてたまるか大作戦」を発令した原監督は「史上最強軍団だと認めざるを得ない」と王者の強さに感服しつつも「同じ大学生が戦っているわけなので、そう簡単に後ろへ回るわけにはいかない。(前回の)箱根駅伝4区から出雲(駅伝)、全日本(大学駅伝)と計21区間で先頭を走っている。今回も1区から先頭を譲るようでは私の心も折れるので、前半から『負けてたまるか』というような思いで走りたい」と力強く語った。

 キーマンには佐藤一世(4年)、太田蒼生(3年)、黒田朝日(2年)の3選手を指名。その上で「今の箱根駅伝で優勝するためにはどの区間も重要。どの区間でも30秒以内でタスキをつないでいけば、何が起こるか分からない」と分析し、具体的なレースプランについては「ネガティブな思考では30秒以内でずっと後ろを追いかける形だが、ポジティブな思考だと、どこかの局面で1分リードできればなと。1分離すことができれば勝利が見えてくる」と展望を明かした。

 2年ぶり7度目の総合優勝へ、名将は虎視眈々と準備を進めているようだ。