広島の坂倉将吾捕手(25)が6日、マツダスタジアムで契約更改交渉に臨み、3000万円増の年俸1億2500万円でサインした。高卒野手の8年目での1億円突破は球団では前田智徳(高卒6年目)、鈴木誠也(同7年目)に次いで3番目だ。

 捕手専念して1年目。坂倉は「ポジションが変わり、いろんな変化がある中で捕手として100試合以上出ることを目標にしていたが、本当に出られるとは思っていなかった。ひとまず良かったなという思い」と振り返った。

 ただ、120試合で打率2割6分6厘、12本塁打、44打点の打撃成績には満足していない。「2年前(2021年)の3割1分5厘、12本塁打、68打点からずっと下降している。今年より下がることのないようにしたい」と話した。

 来季はより高いレベルでの勝負を自分に課す。「主軸として(チームに)期待されている。その一人として高い数字を残さないといけないという思いは強く持って臨みたいなと思う」とした上で「1点(を取ること)に執着を持ってやりたい」と意気込んだ。(金額は推定)