自民党の最大派閥〝安倍派〟の政治団体「清和政策研究会」の政治資金パーティーをめぐり、国会議員側にキックバッグされたとみられる1億円以上が収支報告書に記載されていない疑いが出てきている。

 自民党の5派閥政治団体をめぐっては、政治資金規正法違反の疑いで刑事告訴がされている。東京地検特捜部は、それぞれの派閥担当者らから任意で事情を聴いて、資金の流れについて調べを進めている。

 そんななか、自民党時代に幹事長の要職に就いた経験を持つ立憲の小沢一郎氏はこの日、事務所の「X」(旧ツイッター)を更新。NHKニュース「安倍派 パーティー収入不記載5年数億円か キックバッグ疑い」を引用し「これが事実なら、この国は、倫理観や道徳心とは無縁の、私利私欲の俗物たちに10年以上も牛耳られてきたことになる。最近の犯罪の増加とも繋がってくる。頭が腐れば、全部腐る。腐った頭は交換しないといけない」と断罪した。