ボクシングの世界WBC&WBOスーパーバンタム級王者の井上尚弥(30=大橋)と4団体統一戦(26日、東京・有明アリーナ)で激突するWBA&IBF同級王者マーロン・タパレス(31=フィリピン)が必勝を誓った。

 タパレスは標高1540メートルの高地にあるフィリピン・バギオ市でトレーニング中。フィリピンメディア「ABSーCBNニュース」によると、同王者は「やるべきことをやれば何でもできるようになる。私はフィリピン初となる誰もが議論の余地がないチャンピオンになりたい。つまり4つのベルトを保持することだ」とし、下馬評が低いことについて「彼らは私を疑っているが、私は自分自身を知っているし、練習によって日本で何を得られるかも知っている。自信はある」と語ったという。

 すでにタパレスは4団体統一戦で12ラウンドをフルに戦い抜く準備ができている。「もちろんノックアウトするチャンスがあれば倒すつもり。たとえ12ラウンドまで続いたとしても勝つことができる。私は井上と同じ人間だけど、恐怖をコントロールする方法は知っている」という。

 さらに「予想? 私は12ラウンドまでに倒したい。もちろん、非常に強いといわれているモンスターのパンチを感じたい。楽しみ」と自信満々だった。