楽天は安楽智大投手(27)を自由契約とすると30日に発表した。複数の選手から告発された問題行為について、球団側は「ほぼ事実」と認定。来季の契約を交わす予定はなく、事実上の解雇とした。安楽のハラスメントと疑われる行動が明るみに出る発端の一つになったのが契約更改の場。近年の楽天では契約をはじめ、今回のようにチームへの不満をぶちまけるケースが目立っている。その背景には、一部の〝特権階級〟だけが高年俸を手にできる「チーム内格差」が温床との指摘も出ている。

 蛮行の代償は大きかった。この日、森井球団社長らが会見を行い、安楽に浮上していたハラスメント疑惑について「ほぼ事実と判明しました」と説明。自宅待機とした本人へのヒアリング、選手や関係者ら137人に行ったアンケート調査を突き合わせた結果だという。

 その調査で事実認定されたのはロッカールーム内で同僚に下半身を露出させたり、食事の誘いを断った相手に対して深夜に電話をかけるなどの行為。他にも罰金の名目で金銭を徴収したり「アホ」「バカ」といった暴言も浴びせていたことも判明した。直接のパワハラ被害を訴えたのは10人で、見聞きしたのは40人いたという。球団側は安楽との2025年以降の契約について含みを残したものの、来季の契約締結は否定。今後も現役選手として活動できるかは不透明となった。

 今季まで3年連続で50試合以上に登板した元ドラ1右腕による〝パワハラ退団劇〟。重い口を開いた楽天OBの一人は「若手が意を決して〝集団告発〟したという事実が何より重い」と指摘した。球団関係者によれば今回の問題が発覚する端緒となったのは契約更改の場。被害を訴える後輩選手たちによる〝告発〟が相次いだという。契約更改は普段はあまり話さない背広組と直接意見を交わす貴重な機会だが、前出OBは年々荒れた内容となっていることについても問題視した。

「去年、今年といずれも契約更改の席で生え抜き選手からチームへの不満や、先輩選手に対する告発があったという事実を球団は重く受け止めるべき」

 昨オフの契約更改では生え抜きの主砲・島内宏明外野手(33)が4年契約の2年目で「来年、できるならFAさせてほしい」と突然球団側に要望。打点王や最多安打のタイトルを獲得しても固定された推定年俸1億2000万円からのアップが見込めない契約に対して「毎年何のために頑張っているんだろう」「モチベーションっていうか、そういうところはデカい」と不満を吐き出した。

 後日、フロントや当時の石井監督に謝罪して〝島内の乱〟は収束に向かった。しかし、楽天内にはFA移籍選手や一部の生え抜きの幹部候補生らの〝エクゼクティブ階級〟と、それ以外の選手との「格差」に対する慢性的な不満がたまっていることも否めないという。

 今季の推定年俸で生え抜きはトップが松井裕(2億5000万円)で次点は島内(1億2000万円)。1億円以上は12人いるが、生え抜きはこの2人だけで他の浅村(5億円)や田中将(4億7500万円)ら10人はいずれもFA加入や出戻り組、または外国人に限られる。何よりそれ以外の選手は全て年俸8000万円以下に抑えられているのが実情だ。

 同OBは「根底にはチーム内での不平等感が今も横たわっていて、その上で自分たちは理不尽なイジメにも遭っている。それを訴える場が契約更改しかないということが問題なのでは」とも語った。

 安楽の蛮行は論外としても、チーム内にはさらなる火種がくすぶっているかもしれない。