【病院通いになる前に健康寿命をのばす!プレメディカルケア】

 スポーツトレーナー・永井正彦氏による健康アドバイス。実際の事例をもとに、解説します。

【お悩み】4年ぶりにゴルフに行きます。ケガ予防のために何をやっておいたらいいでしょうか?(70代男性)

【アドバイス】1か月前から当日に向けて少しずつ体を慣らしていきましょう。

【解説】コロナ禍で自粛していた大好きなゴルフに4年ぶりに出かけるという男性から秋口にあった相談です。ケガ予防策として、ラウンド日の最低1か月前から入念にゆっくりと体を慣らすよう伝えました。具体的には体をよくひねっておくことと、しっかり散歩をしておくことです。

 男性は約4年間、ほとんど運動もしていなかったそうなので、体をひねる運動は1日20回、散歩は1日最低2時間を最終目標に定めました。

 心がけてほしいことは、いきなり最終目標をこなすのではなく、徐々に体を慣らしていくことです。まず初日はゆっくり息を吐きながら2回だけひねる。1日ごとに2回ずつ増やしていけば10日で20回。回数がこなせるようになったら、ドライバーショットをイメージしてお尻をグッと出し、骨盤がスムーズに動いているかどうかを確認しながら20回行ってみる。

 散歩も初日は5分、翌日は10分、翌々日には15分と5分ずつ時間を増やしていくと、24日後には2時間歩けるようになれます。1ラウンドの平均歩数はカートを使わなければ1万5000歩前後。カートを使っても7000歩前後は歩くので、ラウンド日までに2時間散歩できるようになれたら十分でしょう。

 とにかく初日は控えめにし、1か月かけて体をしっかり慣らして当日を迎えられるよう生活してみてください。