師匠にさらなる恩返しだ。大相撲九州場所(福岡国際センター)で2度目の優勝を果たした大関霧島(27=陸奥)が27日、福岡市内の部屋宿舎で会見し「すごくうれしい。初優勝もうれしかったんですけど、今回も新しいしこ名の霧島として、そして大関として初めての優勝なので」と改めて喜びをかみしめた。

 千秋楽の支度部屋での記念撮影では、夫人と3歳の長女も同席。「(初優勝した)大阪場所は優勝決定戦だったので。わざわざ呼んで、負けたら良くないなと思って呼ばなかった(笑い)。今場所は奥さんに『14日目に熱海富士に勝てたら来て』と。家族で優勝の写真を撮る機会は、なかなかないので。子供が来て、一緒に万歳して最高です。また撮りたい? そうですね。何回も撮りたい」と笑みを浮かべた。

 師匠の陸奥親方(元大関霧島)の来年4月の定年まで、あと2場所。今の師匠での横綱昇進への思いを問われると「もちろん。あと2場所だし、そう考えている。師匠の定年前に人生の一つの夢をつかまえたい」と意気込んだ。