自動車保険の保険金不正請求問題のあった中古車販売大手「ビッグモーター」の和泉伸二社長が26日、全社員にLINEアカウントの削除を通知したことについて、報道陣に説明。LINEに残る内部情報の流出を懸念したのかとの指摘に「隠す意図はありません」と反論した。

 この日、国土交通省が同社をヒアリング。道路運送車両法に違反しているかどうかについて約2時間の聞き取りが行われた。同社からは和泉氏や副社長の石橋光国氏など計5人が出席した。

 ヒアリング後に報道対応した和泉氏はヒアリング内容については「回答は控える」と詳細を明かさなかった。一方で25日の記者会見後に全社員向けのメールでLINEアカウント削除を通知した件について口を開いた。
 
 和泉氏は「(社内で)LINEグループが100個くらい作成されている。店長になるとほぼそこに参加している。休みの日でも連絡に返答しているというので、まず即やめようと。縛るようなツールは使いたくないということでやめました」と話した。

 LINEアカウントを削除することで、それまでのやり取りが消されてしまい、不正の証拠が残っていた場合に問題となりかねない。また、メディアにLINEの内容が流出していたこともあり、それらへの対策ではないかと疑う声もある。

 和泉氏は「今後調査する中でLINEに証拠になるものがあれば該当する社員は記録として残っているでしょう」と、社員が自主的に記録を残しているだろうと語った。また、流出対策との指摘には「まったく違います。隠す意図はありません」と強調。さらに、「隠蔽するということなら改革でもありませんから」と、繰り返し証拠隠滅の意図はないとした。