東京五輪柔道女子52キロ級金メダルの阿部詩(21=日体大)が自身の将来の夢について語った。

 28日に都内で行われた女性の活躍を推進するプロジェクト「W society」の記者発表会に出席。アンバサダーを務める詩は、チェックのジャケットと茶色のスカートで登場し「柔道という競技生活を通じて、自分自身の体と向き合うことの重要性を感じてきた。アスリートという肩書だけではなく、1人の女性としてこれからの人生やライフプランを考えていきたいと思った」と就任の経緯を明かした。

 詩はアンバサダー就任をきっかけに、女性のホルモン検査の一種であるAMH検査を受診。当検査は、おおよその卵子の数を把握することできる血液検査で「カウンセリングも含めて30分くらいで、時間が短くてびっくりした。1人でも多くの女性の方が自身の体の現状を知るということができればいいなと思った」と感想を述べた。

 その上で、自身のライフプランに言及。「幸せな家庭を築くことが私の夢。私はすごい恵まれた両親、家族に支えてもらいながら、五輪で優勝という目標を達成できたと思う。私も将来、母のような女性になりたいと思っているので、温かい家庭を築きたい」と展望を口にした。

 かねてパリ五輪での連覇も目標に掲げている詩。今後も柔道家、そして1人の女性として、己の道を突き進んでいく。