大坂なおみ マッチポイント握りながら3回戦で惜敗…全豪連覇ならず

2022年01月21日 20時00分

序盤は優勢に試合を進めた大坂だが…(ロイター)
序盤は優勢に試合を進めた大坂だが…(ロイター)

 テニス4大大会の全豪オープン(メルボルン)の女子シングルス3回戦が21日に行われ、世界ランキング14位の大坂なおみ(24)が同60位のアマンダ・アニシモバ(米国)に6―4、3―6、6―7(5―10)で敗れ、連覇を逃した。
 
 マーガレット・コート・アリーナのナイトセッションから登場した大坂。第1セットはいきなりブレークで口火を切り、そのリードを維持したままブレークを許さずにセットを取った。しかし、第2セットは逆に第4ゲームを先にブレークされて追いかける状況。得意のエースを1本も決められず、劣勢のままセットを落としてしまった。

 絶対に落とせないファイナルセットは大激戦。互いにサービスゲームをキープする展開となった。大坂は第10ゲームで2度のマッチポイントを握りながら決め切れず、10ポイント先取のタイブレークに突入。ここでも終始ペースを握られ、接戦の末に敗れた。敗戦後は笑みを浮かべ、大健闘した20歳を称えた。

 メンタルを崩した昨年は長期休養を余儀なくされ、復帰後の今季は絶好調。相性のいいタイトルで2年連続3度目のVを狙ったが、思わぬ新星に足をすくわれた。

関連タグ: