テニス・全仏オープン女子ダブルスで八百長疑惑 検察当局が捜査を開始

2020年10月07日 08時06分

全仏オープンが行われているローランギャロス(ロイター)

 パリで開催中のテニスの4大大会、全仏オープンで、9月30日に行われた女子ダブルスのパトリシアマリア・ティグ、アンドレア・ミトゥ組(ルーマニア)とマディソン・ブレングル(米国)、ヤナ・シジコワ(ロシア)組の1回戦に八百長疑惑が浮上し、フランスの検察当局が捜査を開始した。6日、通信社を含め複数のメディアが報じた。

 試合はルーマニアのペアが7―6、6―4で勝ったが、シジコワのダブルフォールトが故意だった疑いが持たれている。仏スポーツ紙「レキップ」は、ブックメーカーなどでルーマニア組の勝利に多額の金銭が賭けられており、捜査当局が組織的犯行の疑いとみて調べていると報じている。

 テニス界では近年、八百長が認定されるケースが増加。昨年9月には男子のブラジル人選手に永久追放と1000万円を超える罰金処分が科されている。2017年には三橋淳が相手選手に複数回八百長を持ちかけたことが判明し、生涯出場停止。日本人として初の処分を受けた。