【全豪オープン】大坂なおみミス連発で3回戦敗退 15歳天才少女が大金星

2020年01月24日 19時01分

【オーストラリア・メルボルン24日発】テニスの4大大会初戦の全豪オープン女子シングルス3回戦で、連覇を狙う女子テニスの世界ランキング4位・大坂なおみ(22=日清食品)が“天才少女”コリ・ガウフ(15=米国)に3―6、4―6のストレートで敗れる大波乱となり、3回戦で姿を消した。

 前年女王と超新星――。昨年の全米オープン3回戦(大坂が勝利)以来の再戦となった大会屈指の好カードは、世界中が注目する中で現地時間7時過ぎにセンターコートで開始された。

 大坂のレシーブで始まったファーストセットは第7ゲームまで互いにキープを続けた。ファーストサーブ成功率80%超えのガウフに対し、大坂は60%前後。時速180キロ台の強力なサービスエース、フォアハンドウイナーなどでポイントを奪ったが、バックハンドでネットに引っかけるミスを連発。3―4で迎えた第8ゲームで初めてブレークを奪われると、続く第9ゲームもラブゲームでキープされて最初のセットを落としてしまった。

 第2セットは大坂のサーブから開始。第1ゲームはボレーミスで、やや集中力を切らせた表情も見せ、いきなりブレークされる嫌な流れとなった。第2ゲームでブレークバックしてリズムを取り戻したが、第7ゲームはラリーでミスが続いてブレークされて絶体絶命のピンチに立たされた。3ー5と後のない状態となった第9ゲームはサーブの前に精神統一するなど集中して何とかキープしたが、ガウフのサービングフォーザマッチ(キープすれば勝利)となった第10ゲーム、最後もラリーミスで敗れた。

 そつのないテニスを続けるガウフに対し、大坂は完全に自滅した形。15歳の天才少女に全米オープンの雪辱を果たされ、大金星を提供してしまった大坂はうつむきながらセンターコートを後にした。

 一方、ガウフは試合後のインタビューで「観客のおかげ。信じられない。1ポイントずつ取れば何が起こるか分からないと思って戦った」と笑顔を見せた。全米オープンで大坂に敗れた際は号泣。勝者のみが受けるコート上のインタビューに誘われたシーンは感動を呼んだが、今回は正真正銘の勝利者インタビュー。歴史が変わった瞬間に観客の声援はやまなかった。