【競泳】瀬戸大也 200メートル個人メドレー決勝進出 萩野公介との対決に「楽しみたい」

2021年04月07日 21時43分

2位通過の瀬戸

 競泳・日本選手権兼東京五輪代表選考会第5日(7日、東京アクアティクスセンター)、男子200メートル個人メドレー準決勝は五輪代表の瀬戸大也(26=TEAM DAIYA)が1分58秒30の全体2位で決勝に進出した。

 レース後は「いい刺激といい練習になっています」と涼しい顔で振り返り、決勝に向けては「スピードを上げたときに乳酸が出てくるし、そこを耐えることもまだあまりできていないので意識しながら泳ぎたい」と語った。

 また、決勝は萩野公介(26=ブリヂストン)と隣のレーンになることから「公介との勝負も楽しみながら。自分は自分の課題を塗りつぶしていきたい」と気を引き締めた。

関連タグ: