【大相撲】白鵬「『進退』の意味を理解できるようになった」 名古屋場所に向けて調整

2021年06月12日 17時52分

新しい綱を締める白鵬(中)

 大相撲の横綱白鵬(36=宮城野)が12日、東京・墨田区の部屋で代表取材に応じ、進退をかける名古屋場所(7月4日初日、愛知県体育館)に向けて「やることをやって頑張りたい」と語った。

 3月の春場所中に右ヒザの手術を受けた白鵬は、今週から相撲を取る稽古を再開。6場所連続休場中も「状態は少しずつ良くなっています」と現状を説明した。また、古傷にメスを入れる決断に至ったことに関しては「やっぱり名古屋場所、秋場所、その先も頑張るという気持ちで、やっぱり早い段階で治して頑張りたいという気持ちで手術しました」と、当時の心境を明かした。

 そんな横綱は「進退」という言葉に自問自答する時間を過ごしたという。「初めは『最後の場所』という意味なのかと思っていたけど、その後、この進退という言葉の意味を理解できるようになりましたね。やっぱりこう、『進む』のか『退く』のか『止まる』のかというね。そういう意味があることが分かったので。とにかく今はやることをやって頑張りたいと思います」

 来場所は大関照ノ富士(29=伊勢ヶ浜)が綱取りに挑戦する。白鵬は「連続で優勝していますから。一番力があると思う」とした上で「頑張りたいと思います」と、現横綱として〝壁〟になるつもりだ。

 この日は綱を新調する「綱打ち」に臨み「やるたびに引き締まりますよね」と話した。

関連タグ: