スケボー&スノボー2刀流の平野が東京五輪出場確実。夏冬出場は日本人5人目

2021年05月22日 13時49分

平野歩夢

 スノーボードの五輪2大会連続銀メダルの平野歩夢(22=木下グループ)がスケートボードで今夏の東京五輪出場を確実にした。

 スケートボードの五輪予選対象大会のデュー・ツアー(21日=日本時間22日、アイオワ州デモイン)、平野は26位で敗退したものの、出場権を争っている永原悠路が30位など、日本勢は全員が予選落ち。2019年から実施されている五輪予選対象大会の成績で算出する予選ランキングで日本勢のトップをキープし、開催国枠(1枠)で東京五輪参戦が事実上、決定した。

 日本選手で夏季、冬季の五輪に出場するのはスピードスケートと自転車の橋本聖子(現東京五輪組織委員会会長)や大菅小百合らに続いて史上5人目で、男子では陸上とボブスレーで出た青戸慎司以来、2人目とあって世界からも大きな注目を集めそうだ。

関連タグ: