【スキー・世界選手権】ノルディック複合ノーマルヒルで渡辺暁斗は5位

2021年02月27日 08時25分

前半の飛躍では2位につけた渡部だったが…(ロイター)

 ノルディックスキーの世界選手権3日目(26日=日本時間27日)、複合男子ノーマルヒルで渡部暁斗(32=北野建設)は5位だった。飛躍で3位のヤールマグヌス・リーベル(23=ノルウェー)が逆転で2連覇。山本涼太(23=長野日野自動車)は11位、渡部善斗(29=北野建設)は16位、永井秀昭(37=岐阜日野自動車)は18位だった。

 渡部は前半の飛躍ではヒルサイズ(HS)まで2メートルに迫る104メートルで138・1点をマークし2位とする。

 後半の距離(10キロ)でも終盤まで優勝争いしたものの、最後に順位を落とす結果に「単純に僕の力不足。今日はチャンスはなかった。金メダルへの戦いは厳しいと再確認させられた」と悔しそうに話した。

関連タグ: