【J1】漫画「キングダム」が鳥栖のユニホームスポンサーに

2021年02月23日 21時48分

鳥栖サポーターも大喜び間違いなし?

 J1鳥栖は23日、人気漫画「キングダム」の作者で佐賀県出身の原泰久氏がユニホームスポンサー(パンツ裾)として協賛することになったと発表した。契約期間は来年1月末まで。パンツの左裾に「キングダム」のロゴが入るという。

「キングダム」は中国の春秋戦国時代を描いた本格的な歴史漫画で、累計発行部数は7000万部を突破する超人気コミックという。

 原氏はクラブを通じて「サガン鳥栖はずっと応援している地元のチームで、これまでもスタジアムに『キングダム』バルーンを置かせてもらう形で協賛をしてきました。今年はもう一段階踏み込んで支援をさせていただこうと思い、ユニフォーム(パンツ裾)スポンサーをさせていただきます。なかなか収まらないこのコロナ禍の中で、どのチームよりも走る熱い試合で勇気と感動を与えてくれることを期待しています。頑張って下さい!」とコメントした。

関連タグ: