【WWE】「倒さないといけない相手」王者・紫雷イオがリア・リプリーを挑戦者に指名

2020年11月06日 15時43分

王座戦にリア・リプリーを指名した紫雷イオ(©2020-WWE,-Inc.-All-Rights-Reserved.)

 配信されたWWE・NXT大会で、NXT女子王者の〝暗黒の逸女〟紫雷イオ(30)が王座戦の対戦相手として元NXT女子王者リア・リプリー(24)を指名した。

 先週の「NXT:ハロウィン・ハボック」でキャンディス・レラエ(35)を下して王座防衛に成功した王者。

 映像で登場すると「紫雷イオの次の標的が何かみんなが知りたがっている。私は今のNXT女子部門の中で倒さないといけない相手がいることをわかっている。リア・リプリー、リアとはシングル戦で私の持っているタイトルをかけて戦う必要がある。私は悪夢を恐れてはいない。楽しみにしているよ」と王座戦の相手としてリアを名指しして挑発。

 これにリアは「紫雷イオが私に挑戦だって? 完璧だ。それこそ私が望んでいたことだ。イオは悪夢を恐れないって言っているけど、王座陥落を恐れているに違いない。王座陥落は起こるぞ。なぜなら私は2019年と同じように2020年を新NXT女子王者として終えることになるからだ」と王座返り咲きを宣言。さらに自身のツイッターで「願い事には気を付けろ!」と投稿してイオを忠告した。

 かねて逸女をつけ狙う元王者の指名で、王座戦線が風雲急を告げてきた。