【センダイガールズ】西川のりおオバQ!? 橋本千紘が脱毛エステ大作戦

2020年03月06日 16時35分

本格的エステに初挑戦した橋本千紘(埼玉・草加のエステサロン「ジークラ」で)

 美には美を。女子プロレス「センダイガールズ」の“怪物”橋本千紘(27)が、ワールド王座のV1戦(8日、新宿フェイス)に向けて「脱毛エステ大作戦」を敢行した。挑戦者に朱里(31)を迎える一戦を「パワー、破壊力、スタミナ、どれをとっても自分が勝っている。言いたくないけど女子力だけは、ほんの少しだけ向こうが上なのは認めますけど…」と分析するや、「ハア…」と乙女の表情で深いため息をついた。

 朱里は美女戦士として人気が高く、名門・日大レスリング部出身でコテコテの体育会系である橋本とは真逆の存在。決戦前にナーバスになるのも当然だ。そこで橋本はある特訓を決意。知人を通じて女性専門脱毛サロン「ジークラ」(埼玉・草加市)で本格的エステに初挑戦した。「チーム200キロ」の相棒・優宇を帯同して店内に入ると「うわ~。何かきれいになれそうな雰囲気だわ~」と目をハートマークにしつつ、嗅覚の鋭い熊のようにアロマの香りに鼻をクンクンさせた。その瞬間、店内の空気は一気に薄くなった。

 まずは顔面パックを施された後に入念なフェーシャルマッサージ。パックされた姿は西川のりおのオバQにも見えたが、施術が進むにつれて肌がツヤツヤになっていくのが分かる。ムダ毛のほかドングリの実、小魚の骨などが排出されることも懸念されたが、約1時間半の施術後、橋本の顔は赤ん坊のようにツルツル&ピカピカに輝いていた。

「うわ~信じらんな~い。こんなに肌が輝いてますよ! リングスポット浴びたら、余計に目立っちゃうな。一気に自信がつきました」と満面の笑みを見せた橋本。美の基準についての議論はさておいて、V1へ唯一の不安が解消されたことは間違いない。