【新日本】内藤がIWGP世界ヘビー戦線直行を否定 挑戦者の実績作りを優先

2021年04月27日 11時00分

内藤(左)の必殺技がオーカーンに決まった
内藤(左)の必殺技がオーカーンに決まった

 新日本プロレスの内藤哲也(38)が逆襲ののろしを上げた。“ホームタウン”の広島大会(26日)ではグレート―O―カーンに雪辱に成功。今年のシングル戦線で3戦全敗と不振を極めた昨年度の東京スポーツ新聞社制定「プロレス大賞」MVPが浮上のきっかけをつかんだ。ところがIWGP世界ヘビー級王座戦線(王者はウィル・オスプレイ)への直行は否定。次なる一手は果たして――。

「NEW JAPAN CUP(NJC)」1回戦(3月4日)で敗れたオーカーンへのリベンジマッチに臨んだ内藤は、リング内外で弁髪をつかんで引きずり回す制御不能な戦いを展開した。王統流二段蹴りから大空スバル式羊殺し(変型首砕き)、TTDで反撃を許すも、エリミネーター(アイアンクロースラム)にカウンターのデスティーノを発射。最後は正調デスティーノで激闘に終止符を打ち「俺のホームである、ここ広島での勝利を『逆転の内藤哲也』のきっかけにしてみせますよ。その姿を皆さま、トランキーロ、焦らずに、そしてバリッバリッバリッ、楽しみにお待ちください」と宣言した。

 3度目のプロレス大賞MVPを獲得した昨年から一転、今年は低空飛行が続いた内藤にとって現在最大のテーマは「東京ドームのメインイベント」返り咲きだ。2冠統一および王座新設に反対こそしたものの、そのために必要となるのは新たな団体最高峰王座であるIWGP世界ベルトであることに疑いの余地はない。

 だが大会後に本紙の取材に応じた内藤は、即座に同王座を狙うことを否定した。同王座戦線は5月4日の福岡国際センター大会で鷹木信悟(38)が王者オスプレイに挑戦し、同29日の東京ドーム大会でオカダ・カズチカ(33)がその勝者に挑戦する。現状を客観視した上で内藤は「これで彼らの横に並べたとは思ってないんでね。まだNJC1回戦負けの俺が、2回戦負けのオーカーンに勝っただけですよ。野球で例えるなら、ランナー一塁みたいなものです」と説明。まだ実績不足とした。

 では王座戦線へ向かうためにクリアするべき条件は何なのか。これについては「どうやってこのチャンスを得点に結びつけるのか。ホームランだけが点の取り方じゃないでしょ。オーカーンより実績のある相手とのシングルを狙うのもいいし、タッグ(戦線)からだって何か生まれるかもしれない。いろいろな方法で、俺はあの舞台に戻ることを見てますよ」とニヤリ。

 2月には王座陥落から約2か月で飯伏幸太(38)との早期再戦に打って出たが、今回は「急がば回れ」の格言に従い、挑戦者にふさわしい資格を手に入れるつもりだ。

関連タグ: