日本マットに復帰の〝悪魔仮面〟ケンドー・カシンが激白! これでWWEコーチをクビになりました、はい。

2020年06月27日 16時36分

船木誠勝(下)にラクダ固めを仕掛けるカシン

 6月から日本マット界に電撃復活した“悪魔仮面”ケンドー・カシンが激白だ。昨年8月に米WWEの養成機関パフォーマンスセンターの正式コーチに日本人で初めて就任したが、今年4月に新型コロナウイルス禍による収益悪化の影響で行われた大量解雇の対象となった。悪魔仮面にとって世界最大のプロレス団体とはどんな場所だったのか――。 

 ――現地で感じたWWEとは

 カシン いい試合をしてるからってすぐ上に上がれるわけじゃなくて、いい役割が来るまで待たなくちゃいけない。普通に試合をしたい人にはそこがジレンマだろう。

 ――コーチの仕事は

 カシン 週休7日も1日もあって極端だった。ゲストコーチが毎週2、3人来るから、1人で教えることはそうそうなかったな。あとは(ゼロワンなどで活躍した)スティーブ・コリノがプロレスの歴史を教えていた。

 ――練習の内容は

 カシン あんまり受け身の練習をしていなくて、ケガする選手が結構いた。だから覚えさせようとしたら、露骨に嫌な顔をされた。「受け身10回」なんて言おうものなら「そんなにやんのかよ!」みたいに反抗されて。受け身のうまい人をゲストコーチに招聘しようとするのは理にかなってますね。

 ――受け身しかり「日本式」を取り入れようとしているとも聞く

 カシン ヘッドコーチのマット・ブルーム(ジャイアント・バーナード)が取り入れたがっているみたいだった。最後は俺も「日本式の練習をやってくれ」って言われて、スクワットとかやらせたらクビになりました、はい。

 ――5月中に帰国していたようだが、入国が大変だったのでは

 カシン 飛行機から降りて問診票みたいなのを書いてPCR検査を受け「迎えの車かレンタカーがあるなら乗って帰っていい」って言われた。もっと隔離とかされると思っていたから少し拍子抜けしたな。あとはレンタカーに乗るまでタイ人に見張られた。変なことをしないように見張る係がいて、それをタイ人がやっていた。3日後くらいに検査結果と「引き続き2週間自主隔離してください」って連絡が来た。

 ――隔離中は何を

 カシン 山でまきを割って、たき火をして過ごしていた。ある日、山にエロ本が捨ててあって「ああ、日本に帰ってきたんだな」って思った。たき火しようと思ってまきを取ったらヘビがいたのには驚いたな。「やべえ」と思ったら目が合って。

 ――本当か

 カシン ホント、ホント。しばらく2人で見つめ合ったから。2人っていうか1人と1匹だけど。(ヘビは)アオダイショウだった。

 ――帰国して盟友・藤田和之(49)の反応は

 カシン 帰るのが決まった時「みんな待ってます」って言ってくれたし、空港で待ってくれてるんだろうって思ったらいなかった。コロナ差別を感じました。そういえば、藤田君は(ノア3月29日大会の)潮﨑豪戦がベストバウトを取ると思ってるみたいですよ。「賞金を山分けにしましょう」って言ってたから。ホントに。