ダンプ松本「最後に。いじめを受けている人たちへのメッセージ」

2020年01月04日 16時30分

最後まで壮絶に生き続け、壮絶に散ってやる!

【ダンプ松本の壮絶人生「極悪と呼ばれて」:連載最終回】よく聞かれるが、おそらく結婚はもうしないだろうな。特に名前は出さないけれど、昔の仲間のほとんどが、離婚して不幸になっているからだ。みんな男で苦労している。あまりに男っ気がないので、母に「女の子が好きなの?」と聞かれたこともある。私は絶対に同性愛は否定しないし、どんな形の恋愛やパートナーがあっていいと思う。だけど私はノーマルだ。女同士でいる時間があまりに長く続きすぎて、楽だったからだろうな。

 男性に淡い恋心を抱いたこともあったけど「どうせダマされて終わるんだから」という考えに落ち着いてしまう。いつも母を泣かせていた父の影響が大きいんだろう。そう考えたら、泣いたばかりなのにまた腹が立ってきたな(笑い)。

 そして今、いじめの対象になっている若い人たちに伝えたい。いじめられたら逃げればいい。どっかに隠れろ。思い切って学校なんか行かず、旅に出てしまえ。

 世界なんてどこにでもある。逃げ道だっていくらでもある。人生は長い。いじめの対象になるのはせいぜい2~3年。逃げていいんだよ。でも絶対に命を落としちゃダメだ。逃げて隠れてる間はたった一人の孤独に耐え、フィジカルとメンタルを徹底的に鍛えろ。
 
 ケータイなんか見るな。あなたが頭のいい人ならば、本を読み、音楽に身を委ねろ。そんな余裕がなければ、ひたすら空を見上げ、海を眺め、森を感じろ。そして自分の世界を見つけたら、ひたすら戦い続けろ。
 
 大事なのは、いじめの連鎖をあなたの代で断つことだ。いじめには憎悪しかない。憎悪は差別を生む。差別はやがて戦争を呼ぶだろう。戦争なんてリング上だけでいい。そんな邪悪な心はあなたが苦しめられただけでもう十分だ。
 
 誰かが倒れていたら手を差し伸べ、立ち上がったら肩を抱けばいい。その気持ちで生き続け10年後、いじめっ子たちと再会してみろ。誰もあなたと面と向かって話す度胸なんてないチンケな大人になってるぜ。笑って許してやれる度量を持った大人になればいい。そして親を、兄弟を、仲間を、恋人を大事にする心だけは絶対に忘れるな。負けるなよ。
 
 ここまできた以上はプロレスと一生添い遂げようと思う。今の日本人現役最年長レスラーはグレート小鹿さん(大日本プロレス会長=77)だよな。目標は小鹿さんを超えること。日本人女子で現役を続けたまま還暦を迎えた例はないしな。
 
 体はボロボロだ。両ヒザはとっくに限界を超えているし、不安や激しい痛みで眠れない夜もある。それでも壮絶に生きてきたダンプ松本は、最後まで壮絶に生き続け、壮絶に散ってやる。その生きざまを最後まで見届けてくれ。(おわり)

(構成・平塚雅人)

関連タグ: