【とれピチ!グルメ速報】スシローで味わう光るタピオカ

2019年07月31日 10時00分

スシローの「光るゴールデン『タピオカミルクティー』」(実際は自分でスマホのライトをかざす)
 空前のタピオカブームはとどまるところを知らず、専門店を数軒ハシゴして1日に何杯も“タピ活”(タピオカドリンクを飲む活動)する若い女性も多いらしい。
 
 だが、男性は飲んだことがない人も意外といるのでは? これだけはやっていると話のネタに一度は飲んでみたいが、男一人では大行列の専門店に並びづらいし、コンビニで買うのも恥ずかしい。
 
 そんなアナタでもOKなのが、外食チェーンのタピオカドリンク。各社から続々と登場していて、食事のついでにオジさんでも気軽に“タピる”ことができる。
 
 タピオカデビューを華々しく飾りたいなら、回転ずしチェーンのスシロー。摩訶不思議な「光るゴールデン『タピオカミルクティー』」(280円=税別)が7月19日から数量限定で発売されていて、その名の通り光るのだ。
 
 もちろん、タピオカ自体が発光しているワケではなく、カップの下からスマートフォンのライトをかざすと、キラキラと光り輝くという仕組み。見た目だけのキワモノかと思いきや味も抜群で、もっちりとしたタピオカの食感や、ミルク感たっぷりの濃厚な味わいは、男性でもクセになるはず。
 
 聞けば、世界18か国で500店舗以上を展開し、年間1億杯を売り上げるタピオカドリンクの本場・台湾発祥の人気ブランド「Sharetea(シェアティー)」とタッグを組んでいるとか。
 
 スイーツ部門を強化するため2017年に発足した「スシローカフェ部」初となる海外ブランドとのコラボレーションで、日本初上陸にあたり日本向けに改良したスシローオリジナルテイストだ。なくなり次第終了で、大人気なので急ごう!
 
 一方、男一人で気軽に利用できるハンバーガーチェーンでも、タピオカドリンクがお目見え。
 
 フレッシュネスバーガーでは、6月に発売して人気の「タピオカ 黒ウーロンミルクティー」に、「タピオカ チャイミルクティー」と「タピオカ 抹茶ミルクティー」(各420円=税込み)を加えた3種類が揃っている。
 
 モスバーガーでも、台湾の伝統的な飲み物「冬瓜茶(トウガンチャ)」の香ばしい味わいを楽しめる「タピオカ冬瓜茶ミルク」と、鹿児島・志布志市産の茶葉を使用した抹茶ソースを合わせた「タピオカ抹茶ミルク」(各440円=税込み)を、数量限定で発売中だ。