小林賢太郎氏解任で〝リモート開会式案〟浮上 現状通りなら「深刻な外交問題になりかねない」

2021年07月22日 17時23分

開会式が行われる国立競技場

 東京五輪・パラリンピックの開閉会式でショーディレクターを務める小林賢太郎氏が22日に解任されたことで、23日に迫った開会式がどうなるかに注目が集まっている。

 小林氏はお笑い芸人時代に「ユダヤ人大量惨殺ごっこ」という言葉を用いたコントを披露。ユダヤ系人権団体が非難声明を発表するなど、国際問題に発展していた。組織委員会の橋本聖子会長は22日の記者会見で「開会式はやらせていただきたい」と話していたが、影響は避けられない。

 政界関係者は「小林氏がかかわったものをそのままやるわけにはいかないのではないか。より深刻な外交問題になりかねない」と否定的な見方をした。

「最小限にするしかないでしょう。聖火の点火は人の力でやるしかないですが、ほかのことはリモートでもいい。あいさつはビデオメッセージでもできますし。選手の入場行進も省略できるでしょう」(前出の関係者)

 前代未聞のリモート開会式となるかどうか。

関連タグ: