ヤクルト・田口が気迫の210球「開幕ローテーションに入りたい」

2022年02月10日 20時40分

ヤクルト・田口麗斗(東スポWeb)
ヤクルト・田口麗斗(東スポWeb)

 気迫の投球を見せた。ヤクルトの田口麗斗投手(26)が10日、沖縄県浦添市で行われている一軍キャンプでブルペン入り。直球の他にスライダー、パームなどの変化球を交え、また1球ごとにコースを指定しながら210球を投げ込んだ。

 昨年の開幕前にトレードでヤクルトに移籍した。田口は〝初キャンプ〟に「昨年は巨人の時でしたがケガで離脱してできなかったので、今年は体も元気でキャンプを迎えられている。投げれる時に投げてシーズンを迎えたい」と話した。

 また「どんな形でも一軍にいられれば」としつつも「開幕ローテーションに入りたい」と気持ちを吐露。今年のポジションはまだ決まっていないが田口は「先発するなら規定投球、150イニング以上は投げる準備は僕はできています」と意気込んでいた。

関連タグ: