巨人からトレード加入の楽天・田中貴也がプロ初本塁打「ボールは親に」

2020年10月29日 21時25分

 楽天・田中貴也捕手(28)が29日の西武戦(メットライフ)でプロ初本塁打となる1号2ランを放った。3点リードの7回二死三塁、4番手・国場から甘く真ん中に入った初球を捉え、右翼席へ。嬉しいメモリアルアーチは、チームにとっても大きなダメ押し弾となった。

 先月28日に巨人から金銭トレードで加入。この日はプロ初スタメンと
なった24日の日本ハム戦(楽天生命)以来、今季2度目の先発マスクを被り、打でも存在感を見せつけた。

 記念の一発を放った田中貴は「打ったのはスライダーかカットボールです。たまたまですね。でも素直に嬉しいです。ボールは親に渡したいと思います。今まで時間がかかりましたけど、少しずつ恩返ししていきたいですね。リードの方も頑張ります」と笑顔でコメントした。