広島・会沢FAせず残留 決め手は“生涯契約”

2019年10月10日 16時31分

広島に残留を宣言した会沢翼

 広島・会沢翼捕手(31)が10日、マツダスタジアム内で記者会見し、今季取得した国内フリー・エージェント(FA)権を行使せず、来季も残留することを発表した。

「私、会沢翼はFA権を行使せず広島に残留することに決めました。佐々岡新監督のもと、来年もチームのために頑張っていきたいと思います」。宣言していれば獲得調査を進めていた楽天などとの争奪戦必至の情勢だったが、13年在籍した広島への思いが勝った。

 家族やチームメートの言葉、ファンからの手紙など、決め手は「いろいろあります」としたが「一番はやっぱりカープが僕のことを評価してくれるか。球団から温かいお言葉、うれしいお言葉をいただいて、そこまで悩まなかったのが正直なところです」とスッキリした笑みを浮かべた。

 選手会長であり扇の要でもある背番号27に、球団は最大限の誠意を示した。今季推定年俸9200万円から倍増以上となる3年6億円プラス出来高(推定)の大型契約を用意。「3年と言わず、石原のように長くやってもらいたい」(鈴木球団本部長)と“生涯契約”とも思える熱量を示して心を打ち抜いた。就任直後に電話で慰留していた佐々岡監督も「信じていました」とホッとした表情を見せた。

 会沢は今季正捕手として126試合に出場し、打率2割7分7厘、12本塁打、63打点。規定打席到達者中リーグトップの得点圏打率3割5分1厘と勝負強さも見せつけた。攻守の要の引き留め成功に、鈴木本部長は「いるといないでは戦い方が違う。残ってくれたことで新たな戦力を整えられる。明るい希望」と喜色満面。松田オーナーも「ありがたい。来年もチームの支柱になってほしい」と胸をなでおろしていた。