エンゼルス・大谷が6試合ぶりの15号豪快3ラン 本塁打争いトップに1本差

2021年05月26日 12時33分

豪快な一発を叩き込んだ大谷(ロイター=USA TODAY Sports)

 エンゼルスの大谷翔平投手(26)は25日(日本時間26日)に本拠地アナハイムでのレンジャーズ戦に「2番・DH」で出場し、4回に右越え15号3ランを放った。

 エンゼル・スタジアムが歓声に包まれたのは4回だった。6―1で5点リード。マウンドは2番手の右腕デヘウスだ。フルカウントからの6球目、内角のカットボールを巻き込むようにフルスイング。24度の角度で打ち出された弾丸ライナーは右翼ポール際に切れずに飛び込んだ。

 6試合ぶりの一発は打球速度117マイル(約188キロ)、飛距離380フィート(約115メートル)の豪快弾。これで本塁打争いトップを走るブルージェイズのゲレロに1本差とした。

 先発の新人左腕・梁玹種と対戦した初回無死無走者はストレートの四球。3回一死無走者は空振り三振だった。

関連タグ: