中止センバツ仰天救済策 春の代表校「夏に出場」案浮上も

2020年03月12日 16時30分

会見する高野連の八田英二会長。左は丸山昌宏大会会長

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、19日開幕予定だった第92回選抜高校野球大会(甲子園)の臨時運営委員会が11日に大阪市内で開かれ、同大会を中止とすることを決定した。無観客試合での開催を目指していたが、出場選手の健康、安全面を最優先に判断。波紋は予想以上に大きく、主催者側の高野連内部では「夏の甲子園」の開催問題についても言及されていることが分かった。

 場内は終始、重い空気に包まれた。会見場に姿を見せた大会会長の丸山昌宏・毎日新聞社社長はマイクを手に「慎重に判断したが、中止せざるを得ないと判断した。主催者の我々にとっても申し訳ない気持ちで痛恨の極み」と話した。

 4日の運営委員会と臨時理事会では無観客での開催方針を示した上、この日の臨時運営委員会で再度協議するとしていた。ところが最終結論は1942年から46年に戦争の影響で中断した大会こそあったものの、センバツ史上初となる中止。高野連の八田英二会長は「高校野球は教育の一環。選手の健康と安全を第一に判断した」と説明し、何度も「苦渋の決断」とコメントした。

 無観客開催の方針が示された4日以降も、新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからず、10日には全国的イベントの実施自粛要請について安倍首相が「今後おおむね10日間程度の延長を求める」と通達。出場校が宿泊する大阪府と兵庫県内で感染者が増えたことも中止決定の大きな要因となった。

 決断した大会主催者側に対し、世論はおおむね好意的な反応を向けているようだが、もちろん「幻の代表」となってしまった球児たちのショックは計り知れない。だが、ここで一区切りとはいかない。「夏の甲子園」への影響も懸念されているからだ。

「この“コロナショック”に関してはセンバツだけの問題じゃない。『夏の甲子園も大丈夫なんだろうか』と不安を募らせている(高校野球の)監督がウチの学校を含めてたくさんいる」と、東北のセンバツ代表校関係者は明かす。

 実際、四国地区の高野連は6日、4月22日から香川県内で開催予定だった春季大会の中止を全国で先駆けて決定。東京都高野連も春季大会の一次予選を中止し、本大会開催の有無についても13日に発表する予定としている。センバツが開催を取りやめたこともあり、四国に続いて他の地方も軒並み「春季大会中止」へと追随しそうな雲行きなのだ。

 春季大会は、地区によっては夏の甲子園の地方大会のシード校が決まる大事な試合。それだけに高野連としても「春季大会の開催有無に関しては基本的に各都道府県(の高野連)に任せている」(小倉好正事務局長)と説明しているが、不安を感じている高野連関係者は多い。

「ウイルスの感染拡大がこのまま終息しなければ、それこそ早いところでは6月末から始まる夏の甲子園の地方大会も開催が危うくなるのではないか。そうなったら、夏の甲子園の代表校はどうやって選ぶのか。それこそ8月の本大会の開催もどうなるか…」と、前出の関係者は心配している。

 地方大会が行われない場合の代表校の選出方法については、様々な議論がなされることになるだろう。ただ、今回代表に選ばれながら涙をのんだ球児たちの心情を考えれば「夏の地方大会が中止となれば、今回の春の代表校をそのまま夏の代表として出場させてはどうか」という“救済策”もひとつの案として浮上してくる。ただ、春の代表校を救済するということは夏を目指す球児たちが泣くことになるが…。

 八田会長はこの日の会見で、今回の出場校への救済措置として「何らかの形で甲子園に来ていただけたら…。甲子園の土を踏めるように検討していきたいと考えている」と話した。救済措置が単なる“甲子園観光”だけで終わるのではなく「夏も中止」という最悪の事態を回避できるよう、野球界全体で知恵を絞りたいところだ。