無念センバツ開催中止 「サイレント野球」で準備していた代表校も

2020年03月12日 16時30分

高野連の本部事務局が置かれるビルに張られている、第92回選抜高校野球大会のポスター

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、19日開幕予定だった第92回選抜高校野球大会(甲子園)の臨時運営委員会が11日に大阪市内で開かれた。同大会は中止とすることを決定したが「中止ありき」ではなかった。4日に「無観客」の方針を打ち出した高野連は、懸命に開催準備を進めていた。

 各チームへのマスクの手配、甲子園球場側と協議を続け、球場内に12か所の消毒エリアを設け、移動バス、宿舎の安全面など、でき得る衛生面対策を模索した。しかし、9日にNPBが開幕延期を決定し、安倍首相がさらなるイベントの自粛延長を呼びかけた。感染者数はこの1週間で拡大の一途をたどり、ギリギリまで決行を模索した高野連は追い詰められた。

 高野連だけではない。各代表校も無観客開催に向け、対応策をあらゆる角度から検討していた。複数の代表校の練習で取り入れられていたのが「サイレント野球」。飛沫感染を防ぐため「試合中の声出しを極力禁じてプレーする」というものだ。

「無観客試合では、選手や監督以下、チームスタッフ、学校関係者を含め球場に入る者は全員マスク着用が義務付けられる。ただプレー中はそうもいかない。たとえ試合中の声出しを控えるような要請があったとしても、それに戸惑わないよう、関西の有力校などがサインプレーの練習に多くの時間を割いているという話を聞きました」(代表校のOB)

 そこまでして出場を夢見た大舞台だったが…。