ソフトバンク王会長「きっとまたいいことがある」選抜中止で球児にエール

2020年03月11日 18時39分

 日本高校野球連盟は11日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、甲子園で19日から無観客で開催する予定だった第92回選抜高校野球大会の中止を決定した。これを受けて、ソフトバンク・王貞治球団会長(79)が報道陣に対応。プロ野球の開幕延期に続く国民的関心事だった選抜の中止に率直な思いを語った。

 ――選抜大会が中止になった

 王会長:中止になっちゃったな。こればかりはしょうがないが、明るい材料が出てこないね。なんとか、なんとかと(思ったが)…。まあ、プロは開幕の日にちを延ばせるから、まだね。高校野球は学校の関係もあるし、延ばすことができないから。まあ、しょうがない。前向きにいきましょう。

 ――出場が決まっていた球児の気持ちを思うと、かわいそうだ

 王会長:そうだね。でも、こればっかりはね…。誰がどうのとは言えないからね。でも、そういう人たちには、きっとまたいいことがあるよ。