俳優の草なぎ剛(49)が名優・高倉健さん主演の名作「新幹線大爆破」を原作としたNetflix(ネットフリックス)新作リブート作品(樋口真嗣監督)で主演を務めることが29日、分かった。

 映画「新幹線大爆破」は1975年公開のパニック・サスペンス作品。のちに大ヒットハリウッド映画「スピード」(ヤン・デ・ボン監督)に影響を与えるなど、映画史に名を刻んだ。樋口監督が同作のファンであったことから企画が進んだ。

 草なぎと樋口監督は映画「日本沈没」でタッグを組んだ仲。爆弾を抱えた新幹線の内外で起こる様々な危機をめぐる人間等の攻防を描く。樋口監督は「シン・ゴジラ」「シン・ウルトラマン」などでスペクタクル映像と人間ドラマを融合させ、評価を得た。このリブート作品でも、新幹線を舞台に最新のVFXと特撮を融合させ、新たな作品を創作する。

・草なぎ剛コメント

 樋口監督とは18年ぶりにタッグを組むのでとても楽しみです。世界をドキドキさせられる作品を作り上げたいと思います! 前作の主演の高倉健さんの気持ちを受け継ぎ、全力で挑みます。

・樋口真嗣監督コメント

 子供の頃からの憧れ、新幹線・超特急。かつては210キロを誇っていた最高時速も今では320キロ。高速化に比例した緊張感。そして複雑化し混沌とした閉塞感を孕んだ時代の〝止まることのできない新幹線〟が、まもなく出発します。犯人の要求は? 交渉は? 運行を管理する事業者の策は? 人質となった乗客たちの運命は? その時、あなたならどうする? 空前のスケール、ショッキングな展開をシャープに描きます。ご期待ください。