日本維新の会・藤田文武幹事長は28日に国会内で開いた会見で、岸田文雄首相が自ら出席を決めた政治倫理審査会(政倫審)について言及した。

 衆院政倫審は岸田首相からの申し入れを受け、マスコミにも公開し、29日と3月1日の2日間で開くことを決めた。

 岸田首相は自民党派閥の政治資金パーティー裏金事件を受け、自民党総裁の立場で説明責任を果たしたい意向を表明。現職の首相が政倫審に出席するのは今回が初めてだという。

 これを受けて立憲民主党、日本維新、共産党、国民民主党の野党4党は国会対策委員長が会談。岸田首相が政倫審に出席する申し出を拒む理由はないとした。

 林芳正官房長官は会見で「岸田総理は党総裁として自ら出席し、マスコミオープンのもとで説明責任を果たしたいと述べており、政治資金をめぐる国民の厳しい目や疑念を踏まえ、説明を尽くすものと考えています」と話した。

 藤田氏は政倫審の開催に「自民党内の泥仕合のようなものが繰り広げられていて本当に醜いなというふうに思います。総理が総裁として出てくることは、一定の覚悟は認めることではありますが、これまでリーダーシップを発揮せずに、結局、ガバナンスが崩壊し、自らが出席して、ほかのメンバーにプレッシャーをかけることしかできなかった」と語った。

「私は(政倫審は)一貫して公開したほうがいい立場です。説明責任を国民に向けて果たすという意味では、非公開でやっても意味がないと思う。なぜ非公開で自民党が戦っているのかが、まったく理解ができなかった。派閥同士の駆け引きもあってですね、結局、見苦しいことが行われているのが実態で、それを統括する幹事長や総裁、党の代表である執行部のガバナンスができていない。むちゃくちゃなガバナンスの自民党が、日本の政治を仕切っているというは悲劇です」とした。