高校年代の日本一を決める高円宮杯U―18サッカープレミアリーグ決勝が10日に埼玉スタジアムで行われ、青森山田高が終盤の劇的な逆転で広島ユースを2―1と撃破し、4年ぶり3度目の優勝を飾った。

 試合は後半4分に広島ユースが先制して、試合終盤へ。そのまま逃げ切りかと思われた後半45分にドラマが待っていた。左サイドから青森山田のDF小沼蒼珠が〝お家芸〟のロングスローを投じると、ワンバウンドして広島のGK山田光真が手を伸ばすも届かず、そのままゴールイン。スローインからの直接ゴールは認められないが、審判は山田の手に触れていると判断してゴールが認められた。

 また、セーブしようとした山田に対して青森山田の選手がタックルして妨害しているようにも見えたが、これもまさかのノーファウル判定。2つの〝まさか〟が重なったゴールに広島ユース側は猛抗議したが認められず、同点を許した。

 完全に流れが逆転し、青森山田はアディショナルタイムにFW津島巧が逆転ゴール。劇的な逆転で日本一の栄冠を手にした。

 しかし、青森山田の〝まさかの同点弾〟はSNSなどでファンから批判が殺到。「落下地点でキャッチングの姿勢に入ってるキーパーに対してタックルするのはフットボールコンタクトとして認めていいの?」「サンフレッチェ広島ユースが負けたのは青森山田じゃなくて審判だからね」と判定を疑問視する声が相次ぎ、青森山田に対する批判も高まってしまっている。

 審判が認めている以上は正当な勝利であることに変わりはないが、高校年代の頂点を決める大舞台で起きた2つの判定は大きな波紋を呼びそうだ。