サッカー天皇杯決勝(国立)の柏―川崎戦が9日に開催され、熱戦が繰り広げられる一方でピッチの芝の状態の悪さが波紋を呼んでいる。

 大一番を一目見ようと6万2837人の大観衆が詰めかけて、大きな盛り上がりを見せた天皇杯決勝。しかし、ピッチは荒れている場所が多く、大舞台にふさわしくないとの声が続出している。

「X」(旧ツイッター)では「国立の芝」がトレンド入りして注目度が急上昇。ファンやサポーターからは「なんで、国立の芝、こんなにボロボロなんだ。一部はもはや砂場だぞ」「国立の芝、ひどいねぇ。これが天皇杯決勝のピッチかよ」「国立の芝汚いな」「国立の芝悪すぎやしないか?」とピッチ管理に対して批判の声が続出している。

 1週間前に行われたJ1昇格プレーオフ決勝の東京V―清水戦でも芝の状態の悪さが指摘されており「こないだから国立の芝最悪なんだけど」と選手のプレーに影響が出たりケガにもつながり〝極悪〟ピッチに懸念の声も出ている。

 そして今後はまだまだ冬にさまざまな競技が国立で開催されるとあって「今日の天皇杯決勝、高校サッカー選手権、元旦の日本代表の試合と試合が続くのに心配になるくらい荒れてる国立の芝」と不安を指摘する意見も次々と上がっている。

 国立の芝問題は物議を醸しそうだ。