巨人の育成・舟越秀虎外野手(22)が27日にジャイアンツ球場で始まった育成練習に参加。新たな仲間たちを前に独特な打撃フォームを初披露した。

 人気野球漫画「ドカベン」に登場する「殿馬一人」をほうふつとさせる見慣れない構えを見せた。ソフトバンクからの戦力外通告を経て、巨人へと移籍した俊足外野手。全体練習初参加となったこの日は打撃練習も行うと、披露した独特なフォームがナインの度肝を抜いた。

舟越秀虎の独特なフォーム
舟越秀虎の独特なフォーム

 軸足のくるぶしに動足のかかとが付くほど重心を後ろに下げたバレリーナのような構え。さながら「秘打『白鳥の湖』」だ。当の本人は「ドカベン」について「すみません、知らなくて…」としたものの「『どうやって打ってるんですか』て言われるんですけど、僕も分からない(笑い)。でも、そうじゃないと僕は打てないですね」と笑い飛ばした。

 当然、理屈は存在する。三振を避けるあまり重心が前のめりになる癖があった舟越は、ソフトバンク時代に先輩の仲田から「もっと軸足に(片足を)寄せて打て」との助言を受け、フォーム改造。効果はてきめんだったようだ。

 そんな異端のフォームをファンに披露するためには、支配下昇格が絶対条件。「開幕までに支配下を狙いたいですね」と静かに闘志を燃やしていた。