立ち技打撃格闘技イベント「RISE」の年間最大興行「RISE ELDORADO 2023」(26日、有明アリーナ)で「K―1」との対抗戦が行われた。

 両イベントは、今月開催されたそれぞれの年間最大興行で対抗戦を3試合ずつ開催。12日のK―1「K’FESTA.6」(代々木)で行われた3試合はRISEが1勝2敗と負け越した。

 だが、この日は門口佳佑が新美貴士に判定、南原健太が愛鷹亮にKO、最後は白鳥大珠が佐々木大蔵に判定でそれぞれ勝って3連勝。リベンジに成功した。

 盛り上がった対抗戦の今後について、RISEの伊藤隆代表(52)は「熱が広がれば、あるんじゃないでしょうか。これでファンや選手の熱がどうなるかをしっかり見て、K―1さんと話をしていきたいです」と語る。

 その上で「女子に悔しい思いをしている選手がいると思うんですよ。昨年のTHE MATCHでも今回も、女子の対抗戦は1試合もなかったですから」と指摘した。

 熱がどれだけ広がるかは、ここまで対抗戦を行っていない女子こそがカギを握るという。伊藤代表は「今は選手から発信する時代ですから。女子の選手たちはどんどん発信して熱を生んでほしい」と呼びかけた。