高市早苗経済安全保障担当大臣が19日、読売テレビ「かんさい情報ネット ten.」に生出演。世界平和統一家庭連合(旧統一教会)と関係が深いとされる月刊誌に登場した経緯などについて語った。

 高市氏は10日の記者会見で、約20年前に旧統一教会と関係が深いとされる月刊誌「ビューポイント」で他の政治家と対談したと公表。今後について「しっかりとバックグラウンドを調べて取材を受けることを約束したい」などと語っていた。

 番組司会者から「事前に媒体について調べないのか?」と質問された高市氏は「私も組閣のちょっと前に、政調会長をしておりましたので、自民党の方で(茂木敏充)幹事長が『それぞれの議員がしっかりと調べるように』というお話でしたので、自分のこともできる限り調べておりました」と回想。

 その中で、選挙ボランティアの受けつけや、政治資金のやり取り、行事への出席などはないと判明したが「ただ、一部新聞社から『ビューポイントというものに私の対談が出ている』と問い合わせがあったので、国会図書館に発注して調べていただいたら、ちょうど組閣の前に、記事のコピーをいただきました」と明かした。

 その上で、当時のことについて「細川隆一郎(故人)先生という、好きだった評論家の先生からお誘いがあって、私は結構、喜んで出かけて行った」と振り返り「企画、出版社がどういうところであるかとか、チェックをしなかった。そこが問題だった。しかし、雑誌名を聞いても宗教関係のものだと分かりませんでしたし、宗教関係の記事が掲載されてるようなものではないとということだった」と釈明した。

 さらに出演者から「登場するからには相手のことをもっと調べるのでは?」と疑問をぶつけられると、高市氏は「細川隆一郎先生は高名な方ですし、国会議員になる前も番組に呼んでいただいてたので、よく存じ上げていた。細川先生からお誘いいただいたということでうかがいました。実際に世界日報系ですとか、『ビューポイント』という本が統一教会と関係があるものということ、それを調べず『細川先生との対談だ』と思って行ったというのは、深くお詫びを申し上げます」と説明し、頭を下げた。