【競泳】池江璃花子がインカレ初優勝 日大勢表彰台独占で総合Vへ最高のスタート

2021年10月07日 21時25分

池江璃花子
池江璃花子

 競泳の日本学生選手権初日(東京辰巳国際水泳場)、女子50メートル自由形決勝は東京五輪でリレー3種目に出場した池江璃花子(21=ルネサンス)が25秒02で初優勝を決めた。また、2位に山本茉由佳、3位には持田早智が入り、日大勢が表彰台を独占。チームの総合Vへ最高のスタートを切った。

 念願のタイトルだった。2019年2月に白血病を公表した池江は、闘病生活を送っていた同年の大会に出場できず、復帰2戦目となった昨年はこの種目で4位。3年目で初めて頂点に立ち「とにかく優勝することを目標にしていたので、すごくうれしい」と率直な思いを口にした。

 東京五輪はリレー3種目に出場。400メートルメドレーリレーでは決勝に進むも世界との差を痛感し、かねて目標に掲げていた24年パリ五輪での金メダルに向けて再び走り出した。

 その一方、普段から練習以外でも冗談を言い合う1学年先輩の山本、持田らと目指す今大会の総合優勝にも強い思いがある。チームに対する献身的な姿勢は日本代表でも見受けられたが、池江に近い関係者は「(身近な存在に)義理堅いところがある」と話す。

 個人はもちろんのこと、チームのために順位にこだわる池江。全員で頂点に立つべく「笑顔で終われるように」最後まで全力を尽くす。

【関連記事】

関連タグ:
 

ピックアップ