【競泳】東京都オープン 瀬戸大也が200バタ全体7位で決勝進出

2021年02月21日 11時58分

瀬戸大也

 競泳の東京都オープン最終日(21日、東京・辰巳国際水泳場)、男子200メートルバタフライ予選は個人メドレー2種目で東京五輪代表の瀬戸大也(26=TEAM DAIYA)が2分1秒13で決勝に進出した。

 予選5組で登場した瀬戸は3着でフィニッシュ。タイムは全体で7位だった。

 瀬戸は20日の400メートル個人メドレーで4分20秒41の3位。この日は当初予定していた200メートル個人メドレーには出場せず、200メートルバタフライのみの出場となる。

「まだバタフライ(五輪)代表権が勝ち取れていないので、いいタイムを出したいし、ライバルともいいレースをしたい」と話していたが、自身が持つ日本記録(1分52秒53)を考えると本来の実力は発揮できていない。

 決勝でどのような泳ぎを見せるか注目だ。

関連タグ: