春日野部屋の傷害事件で被害者が親方と元力士に3000万円の損害賠償請求

2018年01月26日 16時30分

 大相撲の春日野部屋に所属していた元力士(24)が弟弟子の矢作嵐氏(22)に暴行を加え有罪判決を受けた傷害事件で、矢作氏が親方と元力士に3000万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴した。訴状によると、同氏は2014年9月5日、元力士から顔を殴られるなどし、あごの骨を折り全治1年6か月の重傷を負ったという。

 矢作氏は25日のフジテレビ系「とくダネ!」であごに包帯を巻いた入院中の写真を公開し「後遺症もあります。味覚障害」と語っている。事件をめぐっては、14年10月に元力士を傷害容疑、春日野親方を保護責任者遺棄容疑で刑事告訴。元力士は16年6月に懲役3年、執行猶予4年の有罪判決。春日野親方は不起訴処分となっていた。

 一方、矢作氏にも不可解な部分がある。同氏は暴行を受けて間もない14年9月28日にフェイスブックでパチンコで儲けたことに「昨日、今日と俺は、運が良すぎるなう!」と書き込んでいる。全治1年6か月の重傷にもかかわらず、元力士だけあって回復が早かったのか。一部で「味覚消失」と報じられた後遺症にも疑問が浮上。15年1月には「今さっきセブンで買った三ツ矢サイダーうますぎ」と投稿し、16年3月には「肉は、口の中に入れたら溶けてうまかった!」とつづった。医療関係者によると「味覚障害の症状は(暴行を受けてから)時間差で出ることもある」そうだが…。

 今後裁判はどうなるか。「弁護士法人・響」の天辰悠弁護士は「請求金額の内訳や先の刑事事件で示談金が支払われたかどうかによって判断は変わってきますが…」と前置きし「元力士が故意に暴力を振るったことは間違いないので、いくらかの賠償金は発生します」。親方の監督責任については「刑事裁判では不起訴処分になっていますが、一般的に親方は部屋の全力士の責任者で、目を配らなくてはいけない立場にあります。民事ではある程度の監督責任が認められるでしょう」。

 裁判が長期化するとすれば、意見の食い違いが生じたとき。矢作氏のSNSが争点になる可能性もある。同弁護士は「医師の診断書があれば問題ありませんが、自己申告の場合は裁判所も判断が難しい。被告側から矢作氏のフェイスブックの内容を証拠提出されるかもしれません」。軍配はどちらに上がるのか――。