【ラグビー】元日本代表前主将・廣瀬俊朗氏“忖度発言”大ウケ

2019年08月31日 16時30分

廣瀬氏は日本大会公式マスコット「レンジー」とイベントに出席

 ラグビー元日本代表で前主将の廣瀬俊朗氏(37)が30日、東京都内で行われたW杯日本大会(9月20日開幕)で使用するオフィシャルカーのデリバリーセレモニーに出席した。大会のワールドワイドパートナーを務める「ランドローバー」のアンバサダーに就任した廣瀬氏は前日に31人のメンバーが発表された日本代表について「すごく多国籍でしかもいろんなキャラクターがある人材が集まったので、僕としてはすごく楽しみ」と期待を寄せた。

 一方、ベスト8を目標としているチームに「こうなったら優勝してもらいましょう」としながらも「あ、でも優勝したらあかんねん(笑い)。イングランドと一緒に決勝戦でちょっと日本が頑張るくらい、その感じが一番いいですかね」と英国自動車のメーカーへの“忖度発言”で周囲を笑わせた。同社は出場選手や関係者、ボランティアの送迎を担当するオフィシャルカーを275台提供する。