【女子ゴルフ】リコー杯出場資格を変更 世界ランクを重視

2020年12月24日 15時50分

今年のリコー杯を制した美しき女王・原英莉花

 日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)は24日、国内メジャー「ツアー選手権リコー杯」の出場資格を変更すると発表した。

 同大会は通常、シーズン最終戦として行われており、賞金ランク30位以内に出場資格が与えられていたが、これを廃止。世界ランクや最優秀選手を決める国内ツアーのポイントランク(メルセデスランキング)を重視する。

 シーズン途中での開催となった今年は原英莉花(21=日本通運)が優勝。来年は11月25~28日の日程で、年をまたいだ今季の最終戦として行われる。

 新たな出場資格は以下の通り。
 ①当該年度のツアー優勝者(今季は20年の優勝者を含む)

 ②当該年度の米女子ツアーで優勝したJLPGA会員

 ③11月9日付の世界ランク50位以内のJLPGA会員

 ④大会直前のメルセデスランキング上位者(出場人数が40人に達するまで)

※①~③で40人に達した場合は④の出場資格は発生しない