【ツアー選手権リコー杯】原英莉花が右ヒザ回復報告「しゃがんだりするのは大丈夫」

2020年11月25日 22時07分

右ヒザ回復を報告した原英莉花

 国内女子ツアーの年内最終戦「JLPGAツアー選手権リコー杯」(26日~、宮崎・宮崎CC=パー72)を前に、先週棄権の原英莉花(21=日本通運)が右ヒザ痛の回復を報告した。

 先週は初日のラウンド後に棄権。「最初は腰と肩が痛かったんですけど、初日の前日にヒザに違和感が出て、試合中は終始痛みがあって、怖かったのでやめさせていただきました」。

 一度、東京に戻って針治療などを受けたことで「下り坂はちょっと気になるけど、しゃがんだりするのは大丈夫になりました」。ヒザの痛みは体重が落ちた時などに出る傾向があるという。

 今週は例年3試合しかない高麗グリーンで行われる大会のひとつ。「意識してパターを3本持ってきたんですけど、それほど芝が立っていない感じがするので、いつものパターを使おうと思います」。

 初出場で15位だった昨年は難コースに「怯えていました(笑い)」。今年は毎日60台のスコアを目標に攻めのゴルフを展開する。