【フィギュア】ロシア杯 男女ともにロシア勢が逆転優勝 女子・トゥクタミシェワ 男子・コリャダ

2020年11月22日 09時23分

優勝したトゥクタミシェワ(ロイター)

【ロシア・モスクワ21日(日本時間22日)発】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦「ロシア杯」女子フリーが行われ、エリザベータ・トゥクタミシェワ(23)が148・69点をマークし、ショートプログラム(SP)との合計を223・39点として逆転優勝を飾った。2位はSP首位だったアリョーナ・コストルナヤ(17)、3位はアナスタシア・グリャコワ(18)が入り、ロシア勢が上位を独占した。

 SPでは3回転フリップでステップアウトして2位に甘んじたトゥクタミシェワだったが、フリーは圧巻の演技を披露した。出だしのトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)―2回転トーループのコンビネーションジャンプを着氷。直後の単独でのトリプルアクセルこそステップアウトしたが、3回転ルッツ、3回転フリップと成功させ、ダブルアクセルからの3回転―2回転トーループのコンビネーションも成功。3回転ルッツ―ダブルアクセル、最後は3回転ループで加点を引き出し、ほぼ完璧な内容だった。

 一方、コストルナヤは出だしのダブルアクセルこそ成功したが、後半のジャンプが2度の回転不足とみなされ得点が伸びなかった。SP3位だったアレクサンドラ・トルソワ(16)は4回転ジャンプを4本も組み込むプログラムだったが、ステップアウトや回転不足でいずれも失敗。大幅に減点され4位に終わり、表彰台にも上がれなかった。

 男子はSP3位のミハイル・コリャダ(25=ロシア)が合計281・89点で逆転V。SP首位のモリス・クビテラシビリ(25=ジョージア)は後半の4回転トーループで転倒し、275・80点で2位に終わった。