東京マラソン2021年大会は10月に開催 一般ランナーも参加の方向

2020年10月09日 19時03分

 東京マラソン財団は9日、都内で臨時理事会を開き、来年3月7日に開催予定だった2021年大会を10月17日に延期することを決定した。

 新型コロナウイルスの影響で開催は来夏の東京五輪後に変更されたものの、エリートランナー(約200人)だけではなく、一般ランナー(約3万8000人)の参加も予定するなど、規模を縮小せずに実施する。

 同財団の河野和久事務局長は「さまざまな観点から議論した。2020年大会はエリートだけになっていたので、普通の形にしたかった」と説明した。

 なお、22年大会は3月6日に実施する予定だ。