サニブラウン コロナや自然災害で苦しむファンへ「1日でも早く元の生活に戻れたら」

2020年08月19日 18時00分

インタビューに応じるサニブラウン(UDN SPORTS提供)

 陸上男子100メートル日本記録保持者のサニブラウン・ハキーム(21)が19日、新型コロナ禍や豪雨災害で不自由な生活を送るファンにメッセージを発信した。

 サニブラウンはマネジメント事務所によるインタビュー映像で、東京五輪の延期について「まあ、あと1年かという感じ」とした上で「意外とあっという間なんじゃないですかね」と前向きに語った。

 また、自粛期間もトレーニングを行っていたことを明かし「週4日は練習していた」。制限された環境も「(困ったことといえば)トラックが使えなかったことくらい」と淡々と振り返った。

 そんな中、新型コロナや豪雨災害で厳しい生活を送るファンに向けては「自分もできることは少ないですけど、1日でも早く元の生活に戻れたらなと思ってます。そして来年、オリンピックのスタジアムでお会いできればと思います」と大舞台の出場を約束した。

 サニブラウンは先月、フロリダ大を休学し、拠点をプロ陸上チームに変更したことを発表。城西高卒業後に指導を受けていたレイナ・レイダー氏と再びタッグを組んで来夏の五輪を目指す。