【東京五輪】フランス高級紙が強行開催を批判「日本人にとって五輪はろうそくの価値もない」

2021年05月31日 12時42分

仏高級紙も東京五輪の強行開催を猛批判

 フランスの高級紙「ル・モンド」が新型コロナ禍で開催が強行されようとしている東京五輪を「ろうそくの価値もない」と一刀両断にした。

 同紙は東京五輪を巡る現状を特集。「東京五輪の開会式まであと2か月もないが、デモや抗議行動が増加している。また、医学界はこのイベントを健康状態とは両立しないと考えている」と報じた。

 日本国内で東京五輪の中止を求める声が圧倒的多数になっている現状を伝えながら、デモ参加者の「五輪は貧しい人を殺す」「聖火を消そう!」などといった悲痛な声を紹介。医療従事者からも反対の声が相次いでいる状況も報じた。

 こうした点を踏まえて同紙は「五輪よりも命を救う。日本人にとって五輪はろうそくの価値もない」と猛烈に批判。ろうそくと聖火をかけながら、東京五輪の〝火〟は国民の生命を比較するとまったく取るに足らないものだという指摘だ。

 カネのために暴走を続ける国際オリンピック委員会(IOC)や大会組織委員会に対する海外からの批判は確実に高まっている。

関連タグ: