国民・玉木雄一郎代表 新型コロナは「5類相当に見直すことを検討した方がいい」

2022年01月13日 12時31分

玉木雄一郎代表(東スポWeb)
玉木雄一郎代表(東スポWeb)

 国民民主党代表の玉木雄一郎氏が13日、ツイッターを更新。新型コロナウイルスの5類相当見直しに言及した。

 玉木氏は医療従事者について、後藤厚労省が毎日検査を行えば勤務することができると見解を改めたという記事を添付。

「条件緩和の方向には賛成だか、なし崩し的な個別対応ではなく」とした上で「・原則5ヶ月に3回目ワクチン接種を大幅に前倒しすること・経口治療薬の供給強化などの対策を進めて、指定感染症の分類そのものを5類相当に見直すことを検討した方がいいと思う」と現在の2類相当からインフルエンザなどと同等の5類相当へのダウングレード検討を提言した。

 現在感染拡大中の変異種・オミクロン株は重症化はしにくいと言われるものの、感染力が強く、2類相当の扱いのままでは医療崩壊しかねないと懸念されている。

関連タグ: